スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


更年期障害のホルモン療法は危険?

更年期障害が何故起こるか…それは、女性ホルモンが急激に低下することに原因があります。

じゃ、低下した女性ホルモンを補充することが出来たら更年期障害の症状は治まるのでは?

そういう考えのもと、考えられたのが更年期障害のホルモン療法です。


更年期障害のホルモン療法は、更年期に激減する女性ホルモンであるエストロゲンを体に補充するという治療法。

体が作れなくなった女性ホルモンを外部から補充することで、女性ホルモン低下を起因とする更年期障害の症状を和らげるわけですね。


この更年期障害のホルモン療法、実はアメリカでは2002年に調査を中止しています。



続きを読む>>

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。